オリンパス:第三者委の結果に先立ち検討体制を整備-2チームを設置

オリンパスは29日、損失隠し発覚を 受けた経営体制刷新などに向け、社内の検討体制を整えると発表した。 損失隠し問題については独立した第三者委員会が調査中で来月初めに結 果報告を出す予定で、それに先立ち準備態勢を整えるとしている。

発表文では①新たなコーポレートガバナンス(企業統治)の仕組み づくり②事業再建の計画策定-をそれぞれ検討する2チームを設置した と説明。外部の専門家やステークホルダー(利害関係者)の意見も採り 入れるとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE