OECD:東南アジア6カ国の12-16年成長率を平均5.6%と予想

経済協力開発機構(OECD)は、 インドネシアとマレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナ ムの東南アジア6カ国の2012-16年の経済成長率が平均5.6%になると の見通しを明らかにした。29日にジャカルタで資料を配布した。この予 測は、OECDの11-12年東南アジア経済見通しに含まれている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE