OECD:東南アジア6カ国の12-16年成長率を平均5.6%と予想

経済協力開発機構(OECD)は、 インドネシアとマレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナ ムの東南アジア6カ国の2012-16年の経済成長率が平均5.6%になると の見通しを明らかにした。29日にジャカルタで資料を配布した。この予 測は、OECDの11-12年東南アジア経済見通しに含まれている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。