白川日銀総裁:緩和的環境、実体経済への波及不十分-成長力が課題

日本銀行の白川方明総裁は29日午前 の参院財政金融委員会で、貸出金利などは極めて緩和的環境にあるとし ながらも、実体経済には十分波及していないと述べた。その上で、緩和 的環境へ最大限貢献していくとし、一方で成長力が課題だとの認識を示 した。西田昌司氏(自民)への答弁。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE