ムーディーズ:欧州15カ国の銀行劣後債などを格下げ方向で見直し

米格付け会社ムーディーズ・イン ベスターズ・サービスは29日、政府支援を失う可能性があるとの判断 から、欧州15カ国の銀行の債務格付けを引き下げ方向で見直すと発表 した。

ムーディーズはこの日の発表文で、劣後債に政府支援の前提が含 まれる国の銀行87行の全ての劣後債とジュニア劣後債、Tier3債 務が格下げ方向での見直し対象になると説明。劣後債は平均で2段階 の格下げになる見込みで、残りは1段階の引き下げとなる見通しだと した。

同社によると、見直し対象が最も多いのはスペインとイタリア、 オーストリア、フランスの金融機関。欧州諸国政府が財政の柔軟性の 低下に見舞われており、域内の政策当局者は債権者への支援の縮小を 検討していることが背景にあるという。

同社は欧州ソブリン債危機の「急激な深刻化」で地域全体が脅か されていると指摘しており、発表文では「劣後債への体系的な支援は、 ムーディーズの格付けの押し上げ部分の健全な根拠として十分に予測 可能であるか、ないしは信頼できるものだとはもはや言えなくなる恐 れがある」と分析した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE