債券先物が6日続落、株価急伸受け午後売り優勢-2年入札結果は無難

債券市場では先物相場が5カ月ぶ りに6営業日続落となった。朝安後は横ばい圏で推移していたが、午 後に株式相場が急伸したことを嫌気して水準を切り下げた。一方、こ の日に実施された2年国債入札は無難な結果との見方が出ていた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。