フランス格付け見通し、S&Pがネガティブに変更も-トリビューヌ紙

米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)は、フランスの格付け見通しを向こう1週間か ら10日以内に「ネガティブ」に変更する可能性があると、仏紙トリビュ ーヌが匿名の外交関係者の話を引用して伝えた。

同紙が別の関係者の話として伝えたところによると、25日にも発表 される可能性があったが延期されたという。理由は不明としている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE