フランス格付け見通し、S&Pがネガティブに変更も-トリビューヌ紙

米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)は、フランスの格付け見通しを向こう1週間か ら10日以内に「ネガティブ」に変更する可能性があると、仏紙トリビュ ーヌが匿名の外交関係者の話を引用して伝えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。