欧州株:2カ月ぶり大幅高、ユーロ圏は債務危機封じ込めで対応強化か

28日の欧州株式相場は急伸。 ストックス欧州600指数は2カ月ぶり大幅高となった。ユーロ圏の 当局者がソブリン債危機封じ込めへの取り組みを強化しているとの期 待が高まった。

今週のユーロ圏財務相会合で検討される欧州金融安定ファシリテ ィー(EFSF)の指針の草案が明らかになり、銀行株が上昇した。 ユーロ圏の救済基金であるEFSFはソブリン債に最大30%の保証 を付与する可能性があるという。ベルギーの金融機関デクシアやKB Cグループも値上がり。同国政府はこの日、国債入札を実施した。米 国で感謝祭週末の小売売上高が過去最高に達したことを好感し商品価 格が上昇し、鉱業株やエネルギー銘柄も上げた。

ストックス欧州600指数は前週末比3.8%高の229.85で終 了。同指数を構成する19の業種別指数はすべて2%以上の値上がり となった。ユーロ・ストックス50指数は5.2%上昇。

ブルーウィン・ドルフィン・セキュリティーズのチーフストラテ ジスト、マイク・レンホフ氏(ロンドン在勤)は「欧州首脳は何とか しなければならない状況に追い込まれた」と指摘。「当局者が対応す る状況にある。市場が発するメッセージは明確だ。協調行動がなけれ ば、市場は欧州を破壊するというものだ」と付け加えた。

先週は世界的な株安となり、欧米の主要株式指数の値下がり率は 4%を超えた。経済規模の比較的大きい国に債務危機が波及する のを防ぐのにユーロ圏当局者が苦戦しているとの見方でイタリアの借 り入れコストが急上昇したためだ。世界の株式市場では今月これまで に約4兆6000億ドル(約359兆円)の時価総額を失っている。

ドイツ紙ウェルト日曜版によれば、ドイツとフランスは債務危機 の封じ込めに向けて新たな安定協定を計画している。同計画は欧州連 合(EU)の条約改正を待たずに一層の財政規律を参加国が約束する 内容になると、同紙は情報源を明らかにせずに伝えた。

この日の西欧市場では、アイスランドを除く17カ国で主要株価 指数が上昇した。銀行株指数は5.7%高と、1カ月ぶりの大幅高。 29日のユーロ圏財務相会合を控え、スペインとイタリアの借り入れ コストが低下したことが背景。デクシアとKBCはそれぞれ15%高 の0.427ユーロ、14%上げ8.93ユーロで終了。世界最大の鉱山 会社BHPビリトンは4.4%高の1836.5ペンスとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE