OECD:加盟国の成長予想を下方修正、ユーロ存続への疑問が足かせ

経済協力開発機構(OECD) は、欧州通貨同盟の存続に対する疑問の高まりが成長の足かせとなっ ており、世界経済に対する主要リスクだとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。