中国人民元:対ドルで下落、一時5週ぶり安値-インフレ鈍化観測で

中国人民元は28日、ドルに 対して下落。インフレ鈍化に伴い中国当局が元の上昇ペースを緩め るとの観測から、一時5週間ぶりの安値を付けた。

上海証券報はこの日、中国国務院発展研究センターの余斌部長 の話を引用し、消費者物価指数(CPI)上昇率は11月、12月と もに鈍化が見込まれると報じた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は 上海市場で0.14%安の1ドル=6.3841元で終了。一時は

6.3871元と、先月21日以来の元安水準を付けた。香港のオフシ ョア市場で、元は0.03%安の6.40元。

ブルームバーグが集計したデータによれば、人民元の1年物ノ ンデリバラブル・フォワード(NDF)は0.11%安の1ドル=

6.4163元。これは上海スポット取引を0.5%下回る水準。

-- Editors: Ven Ram, Sandy Hendry

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Fion Li in Hong Kong at +852-2977-6532 or fli59@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net

%CNY %CNH

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE