香港株(終了):上昇、欧州危機封じ込めへ期待感高まる-利豊が高い

香港株式相場は上昇。欧州債 務危機の封じ込めに向け追加措置が講じられるとの楽観的な見方に加 え、感謝祭の週末の米小売売上高が過去最高に達したことが好感され、 ハンセン指数は3週間ぶりの大幅高となった。

米ウォルマートなどの小売企業に衣料品や玩具を納入する香港の リー・アンド・フォン(利豊、494 HK)は10%高。米国向け出荷 が増加するとの観測が高まった。ユーロ圏財務相会合を29日に控え、 時価総額で欧州最大の銀行、英HSBCホールディングス (5 HK) は1.8%上昇した。中国最大の海洋油田会社、中国海洋石油(CN OOC、883 HK)は原油高を好感して2.7%値上がりした。

衣料小売りのエスプリ・ホールディングス(330 HK)や中国の 鉄道建設最大手、中国中鉄(390 HK)も買われた。

コンボイ・アセット・マネジメントのシニア投資ストラテジスト、 セドリック・マ氏は「米経済がそれほど悪くないことを統計が示唆し たことで、株式相場は反発している」と述べた上で、「米経済が本当 に改善しているのかどうか、今週発表の雇用統計を見極める必要があ るだろう。欧州発のニュースも市場に幾分安心感をもたらしている」 と語った。

ハンセン指数は前週末比348.33ポイント(2%)高の

18037.81と、上昇率は4日以来の大きさ。今月はここまで9.2% 下げている。ハンセン中国企業株(H株)指数は前週末比2.3%高 の9609.86で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE