米ウォール街の年間報酬30%減も、08年以来の低水準-WSJ紙

米ウォール街の大手金融機関に 勤める従業員の年間報酬は前年比27-30%減少し、金融危機に見舞わ れた2008年以来の低水準になる可能性があると、米紙ウォールスト リート・ジャーナル(WSJ、オンライン版)が28日、米コンサル ティング会社オプションズ・グループの調査データを基に報じた。

同紙によると、多くの金融業界関係者にとって報酬のうち大きな 割合を占めるボーナスは平均35-40%減少する見通し。債券部門など が最も打撃を受ける公算が大きいという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE