経産省や中国電、来年度に高効率石炭火力の試験プラント建設-日経

経済産業省は中国電力やJパワーと 共同で、発電効率が55%以上と世界最高レベルの石炭火力発電所の開発 に取り組む、と28日の日本経済新聞電子版が伝えた。

来年度から中国電力の大崎発電所(広島県大崎上島町)に出力17 万キロワット級の試験プラントを建設する予定で、総事業費は計1000 億円以上に達する見込み。このうち3分の1を経産省が補助すると報じ ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE