中国の政府系ファンド、欧米インフラ投資を目指す-CICの楼CEO

中国の政府系ファンド(SW F)は世界の成長を後押しするため、先進国のインフラ投資に参加 したいと望んでいる。中国投資(CIC)の楼継偉最高経営責任者 (CEO)が英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)でそうした考 えを明らかにした。

同CEOは28日付のFT紙に寄稿し、「欧米のインフラには一 段の投資が非常に必要だ」と指摘。消費拡大に向けた「重要な」手 段であるそうした支出によって「達成し得ることを知るには中国を 見さえすれば良い」と付け加えた。

中国は運輸やエネルギー、利水プロジェクトへの支出が追い風 となり、過去10年にわたり年平均10.5%のペースで成長している。 楼CEOは、2008年の世界的金融危機の影響を抑えるために政府が 打ち出した5860億ドル(現在の為替相場で約45兆5000億円)規 模の景気対策により、中国の成長率は6.8%から10%余りに上昇し たと分析した。

同CEOはまた、世界各国が自力で安定した景気回復を遂げる ためには途上国に頼ることはできないと指摘。中国は内需を刺激す るために「野心的かつ効果的な措置」を講じてきたものの、同国の 消費は依然として世界全体に占める割合としては小さいと説明した。

--Zheng Lifei. Editors: Nerys Avery, John Liu

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Zheng Lifei in Beijing at +86-10-6649-7560 or lzheng32@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Panckhurst at +852-2977-6603 or ppanckhurst@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE