大阪ダブル選:「民意の反映」と藤村氏、既成政党の戦略に影響も

27日に投開票が行われた大阪府 知事、大阪市長の大阪ダブル選挙で、広域行政体「大阪都」構想を掲 げる地域政党「大阪維新の会」(橋下徹代表)が民主、自民など既成 政党が推した候補を破ったことで、次の衆院選に向けた各政党の戦略 に影響を与えそうだ。自らも衆院大阪7区選出の藤村修官房長官は 「選挙民の民意の反映」として、都構想に関する地元での議論を注視 していく考えを表明した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。