ギリシャのユーロ離脱対応で為替システム準備、ICAPなど-WSJ

ユーロ圏が分裂する可能性に備え て、外国為替市場の取引プラットホームを提供する複数の会社が過去に 使用されていた欧州通貨の取引処理が可能なシステムのテストを行って いる。米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が28日、事情に 詳しい複数の関係者の話として報じた。

同紙によれば、最大のインターバンク為替取引システムを運営する ICAPは27日、ギリシャがユーロ圏を離脱し、旧通貨ドラクマを再び 導入する可能性に対応できる電子取引システムを準備していることを明 らかにした。

また、複数の関係者によれば、銀行の為替取引決済プラットホーム を提供するCLSバンク・インターナショナルは、ユーロ圏の解体に備 える「ストレステスト」を実施しているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE