ユーロが上げ幅縮小、欧州入札控え買い慎重-ドル・円は77円台後半

東京外国為替市場では、朝の取 引でユーロ買いが先行したものの、午後にかけて上昇幅を縮小する展開 となった。週内に欧州各国で入札を控えて引き続き欧州債の需要動向が 警戒され、一段の買いには慎重な姿勢が残った。

前週末の海外市場で一時1ユーロ=1.3212ドルと、10月4日以 来の水準までユーロ安が進行していたユーロ・ドル相場は、週明けの日 本時間早朝の取引で1.3245ドルを下値に1.3343ドルまで急速にユー ロが買い戻された。しかし、ユーロの上値は限定的で、午後の取引では

1.32ドル台後半に水準を切り下げて取引された。

外為どっとコム総合研究所のジェルベズ久美子研究員は、欧州の債 務危機に関して、市場が何らかの対策を求めている状況に変わりはない とし、これまでユーロは売られっぱなしだったため、対策への期待を満 たす報道があると、「いったん買い戻す方向にいきやすい」と指摘。た だ、この日の欧州時間にはイタリアのほか、ベルギーやフランスで入札 を控えており、「結果が悪く、各国の金利が上昇してしまうようだと、 再びユーロ売りになってしまう」といい、戻りも限定的だったと説明し ている。

朝方は国際通貨基金(IMF)がイタリア向け支援を準備している との伊紙報道を受けてユーロ買いが先行したものの、IMFの当局者は IMFの融資プログラムについてイタリアと協議していないと明らかに した。また、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、オンライ ン版)が、事情に詳しい複数の関係者を引用して、IMFのイタリア支 援に関する報道は信頼できないと伝えている。

また、米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは 28日、ユーロ圏のソブリン・銀行信用危機の急速な深刻化が進んでお り、すべての欧州諸国の信用状態を脅かしていると指摘した。

一方、ドル・円相場は前週末の取引でドル買いが優勢となり、一時 1ドル=77円79銭と、今月10日以来のドル高値を付けた。週明けの 東京市場では早朝に77円46銭まで水準を切り下げた後、再び77円 73銭まで戻し、その後は77円台後半で推移。午後3時49分現在は 77円64銭付近で取引されており、日中の値幅は27銭にとどまった。

欧州債入札を警戒

イタリア政府が25日に実施した80億ユーロ相当の6カ月物証券 の入札では、利回りが6.504%と、10月26日の入札時の3.535%の 2倍近くに上昇し、1997年8月以来で最高となった。

これを受けて、同日の欧州債券市場ではイタリア国債が売られ、2 年債の利回りはユーロ導入後の最高に達した。今週はイタリアのほか、 欧州内で各種入札が予定されており、需要動向への警戒が続きそうだ。

伊国債の入札不調に加えて、ベルギーの国債格下げを受けて、前週 末の海外市場ではユーロ売りが活発化。ユーロ・ドル相場の相対力指数 (RSI、14営業日ベース)は33.54と、ユーロの売られ過ぎを示す 30に接近した。

今週はきょう28日に、欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領 と欧州委員会のバローゾ委員長が、米国のワシントンで、オバマ米大統 領と会談するほか、29日にはユーロ圏、30日にはEUの財務相会合が 予定されている。

IMFの伊支援報道に疑問符

伊紙スタンパが27日までに伝えたところによると、IMFはイタ リアの債務危機が悪化した場合に備えて6000億ユーロの支援を準備し ているという。情報源は明示されていない。また、伊紙ソレ24オレは モンティ政権が最大150億ユーロ規模の追加財政緊縮策を12月5日に 導入するもようだと報じている。

野村証券金融市場調査部の池田雄之輔チーフ為替ストラテジストは 「IMFの融資能力拡大というところを手当てしておかなければ、イタ リアでいきなり6000億ユーロという金額は無理」だとし、あくまで観 測の域を出ていないことから、このままリスクオンの流れが続くか「は なはだ疑問」だと話していた。

一方、前週末に米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S &P)が格付けを従来の「AA+」から「AA」に1段階引き下げたベ ルギーでは、主要6政党が26日に財政赤字削減策で合意。昨年の総選 挙後に500日間以上も正式な政府が不在となった後で、連立政権の発 足に近づいた。

外為どっとコムのジェルベズ氏は、イタリア向け支援に関する報道 や、ベルギーの連立政権発足に向けた見通しが出てきたことで、週明け の日本時間早朝の取引でユーロ上昇につながったと指摘している。

--取材協力:小宮弘子 Editor:Joji Mochida, Masaru Aoki

+81-3-3201-8583 kmiura1@bloomberg.net 東京 持田譲二 Joji Mochida

+81-3-3201-8394 jmochida@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Rocky Swift

+81-3-3201-2078 rswift5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE