債券先物4カ月ぶり安値、米債安や欧州会合控え売り優勢-142円割れ

債券相場は続落。先物中心限月は 約4カ月ぶりの安値を付けた後、142円台を割り込んで終了した。長 期金利は一時1.065%と9月以来の水準に上昇した。欧州債市場の混 乱を受けて、前週末の米国市場で債券相場が反落した地合いを引き継 ぎ、売りが優勢となった。ユーロ圏財務相会合の開催を29日に控えて 慎重姿勢も根強い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。