白川日銀総裁:国際市場の緊張高い-日本も財政改善の取組み必要

日本銀行の白川方明総裁は28日 午後、名古屋市内で会見し、欧州債務問題により国際金融資本市場は 「全体に緊張感の高い状態が続いている」との認識を示した。日本の 財政状況についても「市場参加者の予想というものは変化し得るもの である」ため、財政バランスの改善に向けて「しっかり取り組むこと が大事だ」と述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。