EFSF、債券の最高30%に保証付与か-ユーロ圏財務相会合で検討へ

ユーロ圏の救済基金である欧州金 融安定ファシリティー(EFSF)は、財政難の国の債券に対し市場 情勢を踏まえて20-30%の保証を付与する可能性がある。今週のユー ロ圏財務相会合で検討されるEFSFの指針で明らかになった。

指針によると、保証はルクセンブルクに本拠を置く独立した特別 目的事業体(SPV)が取引可能な「部分保証証券」の形で付ける。 この措置はEFSFの債務危機対応能力の拡充を目指し、民間投資家 などの投資を呼び込む基金の設立を含む複数の新たな手段の一つ。

金融市場の信頼回復を目指しユーロ圏財務相らは29日にブリュッ セルで会合を開く予定。債券スプレッドは記録的水準に拡大しており、 ドイツが23日実施した国債入札は十分な買い手が集まらず不調に終わ った。2日後にはベルギーの格付けが1段階低い「AA」に引き下げ られた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE