メルシュ氏:政府はECBの国債購入継続を当てにすることはできない

欧州中央銀行(ECB)の政策委 員会メンバー、ルクセンブルク中銀のメルシュ総裁は、各国政府がE CBにユーロ圏の国債の購入の継続するよう期待することはできない との見方を示した。

メルシュ氏は25日、ルクセンブルクのラジオ局100.7のインタビ ューで、「これは金融の安定の問題であり、政府によって対処されるこ とが必要な問題だ」と指摘。「われわれが短期的に取った措置は、政府 が必要とされる措置を実施できるように取られたものだ。それが現在 起きている事態であるため、われわれが継続したほうがよいと政府が 主張することをもはや受け入れられない」と述べた。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 亀山律子 Ritsuko Kameyama +81-3-3201-7441 rkameyama@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Stephanie Bodoni in Luxembourg at +352-22-9999-5270 or sbodoni@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Matthew Brockett at +49-69-92041-224 or mbrockett1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE