ベルギー主要6政党が予算で合意-連立政権発足に前進

ベルギーの主要6政党は26日、同国 の財政赤字削減策で合意し、昨年の総選挙後に500日間以上も正式な政 府が不在となった後で、連立政権の発足に近づいた。

6政党の連立協議を主導しているワロン(南部フランス語圏)系社 会党のディルボ党首が徹夜での交渉で合意を取り付けた。国王のアルベ ール2世は同党首に組閣を命じた。

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は25日、 ベルギーの格付けを1段階引き下げ「AA」とした。金融大手デクシア の救済コストや政治的なコンセンサスの欠如、成長鈍化で同国の財政赤 字削減が困難になることを理由に挙げていた。同国の債務規模はユーロ 圏で5番目に大きい。

ベルギーのルテルム暫定首相は最高20億ユーロの債券発行を計画し ている28日までに、各党の合意を求めていた。

合意に関する声明によると、ベルギーの財政赤字は2012年に国内総 生産(GDP)比2.8%に減少し、15年に均衡化される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE