【今週の債券】長期金利は1%台前半中心か、財政不安と需要の綱引き

今週の債券市場で長期金利は1% 台前半を中心とする推移が見込まれている。前週は日本の財政不安を 受けて長期金利は約1カ月ぶりに1%台に乗せたが、欧州債務懸念を 背景とする投資家需要が金利上昇を抑制するとみられることが背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。