【FRB要人発言録】失業率目標でインフレ加速も-コチャラコタ総裁

11月21日から27日までの米 連邦準備制度理事会(FRB)要人らの主な発言は次の通り(記事全 文は発言者の氏名をクリックしてください)。

<11月22日> コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁(訪問先のカナダ・マニトバ州 で):9%という米国の失業率は高過ぎる。一定の失業率を目標値に 掲げる金融政策はインフレ加速を招く恐れがある。

前回発言録はここをクリックしてください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE