ブラジル株(25日):ボベスパ指数、4週連続で下落-資源株安い

25日のブラジル株式市場で は、指標のボベスパ指数が下落。週間ベースでも4週連続低下と、5 月以来最も長期の下げとなった。消費関連株は買われたものの、欧州 債務危機が世界的なリセッション(景気後退)を引き起こすとの懸念 が再燃し、資源株が売られた。

鉄鉱石生産世界最大手のヴァーレは1カ月ぶりの安値を付けた。 MSCIブラジル指数の10業種では原材料セクターが2番目に悪か った。190種余りの消費財の製造を手掛けるイーペルマルカスは、 ボベスパ指数のウエートが高まるとの観測から上昇。売上高でブラジ ル4位の不動産会社、ブルックフィールドを中心に不動産株も買われ た。

ボベスパ指数は前日比0.7%安の54894.49で終了。週間で は3.2%下げた。同指数構成銘柄のうち値下がりは34銘柄、値上 がりは33銘柄。通貨レアルはドルに対し0.3%上昇し1ドル=

1.8917レアル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE