NY金(25日):2営業日連続安、ドルの堅調で代替投資需要が後退

ニューヨーク金先物相場は2 営業日連続安。ドルの堅調で代替投資としての金買いが鈍った。

外国為替市場ではドルが主要通貨のバスケットに対して一時

0.7%上昇。債務危機の収束が難航する欧州で、景気が一段と悪化す るとの懸念が広がっている。イタリアの借り入れコストは1997年以 来の高さに上昇。格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S& P)はベルギーの信用格付けを引き下げた。またドイツのショイブレ 財務相は恒久的救済メカニズムにおける民間セクターの関与が調整さ れる可能性を示唆した。

商品ブローカー、インフィニティ・トレーディング(オレゴン州) のフェイン・シェーファー社長は「欧州に関する明るいニュースがま ったくないため、投資家はリスク敬遠モードに入った」と指摘。「現金 への資金移動が活発だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前営業日比0.6%安の1オンス=1688.50ドルで終了し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE