ベルギーを「AA」に格下げ、銀行保証や政治的な混迷で-S&P

米格付け会社スタンダード・ アンド・プアーズ(S&P)はベルギーの格付けを1段階引き下げ 「AA」とした。銀行保証や政策面でのコンセンサス欠如、経済成長 ペースの減速で債務の削減が困難になると指摘している。同国の債務 規模はユーロ圏で5番目に大きい。

S&Pが25日発表した資料によれば、格付けは従来の「AA+」 から引き下げられた。格付けアウトルック(見通し)は格付けが下方 に向かう可能性を示す「ネガティブ」で変わらず。ベルギーが格下げ されたのは約13年ぶりで、S&Pの格付けではチェコ共和国やクウ ェート、チリの自国通貨建て格付けと同水準となる。

ベルギー政府は10月、銀行デクシアの国内部門の買収および負 債の一部を10年間保証することで合意。その後ベルギー債の借り入 れコストは11年ぶり高水準に上昇した。ベルギーでは6党による予 算の協議が行われていたが今週、財政赤字の削減方法をめぐって対立 し、協議は決裂。これを受けて同国債への売りが続いた。

スタンダードチャータード銀行のエコノミスト、トマス・コスタ ーグ氏(ロンドン在勤)は「ベルギーが今直面している政治危機を無 視するわけにはいかない。だがそれは別としても、今回の格下げはい かに銀行セクターの問題がソブリン債に波及するかということを良く 表している」と指摘。「銀行セクター全体の緊張が高まっていること を考えると、問題は欧州の他の国も同様の状況に陥るのかどうかとい うことだ」と述べた。

今年に入りユーロ圏で格下げされたのはベルギーのほかに、スロ ベニア、スペイン、イタリア、アイルランド、ポルトガル、キプロス、 ギリシャ。前回ベルギーを格下げしたのはフィッチ・レーティングス で、1998年12月。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 西前明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: John Martens in Brussels at +32-2-285-4303 or jmartens1@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Angela Cullen at +49-69-92041-158 or acullen8@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE