独首相と仏大統領、イタリア崩壊ならユーロは終わりと同意-伊首相

ドイツのメルケル首相とフラ ンスのサルコジ大統領は、イタリアが欧州債務危機の犠牲になれば域 内単一通貨ユーロの終えんにつながるとの見解で、イタリアのモンテ ィ首相と一致した。

イタリア首相府が電子メールで配布した文書によると、サルコジ 大統領とメルケル首相は「イタリアが崩壊すればユーロの終わりにつ ながるのは必至であることを認識していると言明し、イタリアを支え る方針を確認した」と、モンティ首相が25日の閣議で述べたという。

この日の入札で、イタリアが発行した6カ月物証券の利回りは 7%近くとなった。同国の債務削減を投資家は疑問視している。メル ケル首相は24日、モンティ首相およびサルコジ大統領との会談後の 共同記者会見で、モンティ首相は「成長を促進」するための優れた戦 略を説明したと語った。

この日の伊首相府の発表文書によると、モンティ首相は24日の 首脳会談で、「イタリアは最近、財政再建に関し相当の改善を成し遂 げたことを示した」と語った。さらに「そのような財政再建策を持続 可能にするための取り組みは、短期的に成長重視の政策を通して実践 される」と付け加えている。

モンティ首相はこの日、2013年に財政収支を均衡化させる決意 をあらためて示した。

メルケル首相は危機解決の手段としてのユーロ共同債や欧州中央 銀行(ECB)の役割拡大は依然として断固拒否している。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net

Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Lorenzo Totaro in Rome at +39-06-45206326 or ltotaro@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Craig Stirling at +44-20-7673-2841 or cstirling1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE