インド株(終了):週ベースで4週連続安-欧州不安で海外勢が売り

インド株式相場は下落。指標 のセンセックス30種指数は週間ベースで4週連続安となった。欧 州債務危機の悪化懸念から、海外投資家がインド株を売り越したこ とが響いた。

海外売上高が全体の98%を占めるインド2位のソフトウエアメ ーカー、インフォシスは6週間ぶり安値を付けた。鉄鋼生産最大手 のタタ・スチールは2009年7月以来の安値まで売り込まれた。一 方、国内最大の発電設備メーカー、バーラト重電機は続伸。23日に は3年で最低となっていた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比163.06ポ イント(1%)安の15695.43で終了。前週末比では4.1%下落。 このまま行けば月間ベースで08年10月以降最大の下げとなる。

証券監督当局のデータによると、海外投資家のインド株式の売 買動向は、今週4億8500万ドルの売り越しとなった。

インフォシス(INFO IN)は2.5%安の2599.70ルピーと、 先月11日以来の安値で引けた。タタ・スチール(TATA IN)は

2.8%下げ374.95ルピー。バーラト(BHEL IN)は3.2%上昇 し270.05ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE