欧州銀のドル資金調達コストが上昇、約3年ぶり高水準-スワップ市場

短期金融市場の指標によると、 欧州の銀行がドル資金を調達するコストが上昇し、約3年ぶり高水準 に達した。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、銀行がユーロ建て の支払いをドル建てにスワップする際のコストを示す3カ月物クロス 通貨ベーシススワップは、ロンドン時間午前8時44分現在(日本時 間午後5時44分)現在、欧州銀行間取引金利(EURIBOR)を 145ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下回っている。こ の格差は、ドル調達コストが2008年12月以来の高水準となった ことを示している。前日は143bp下回っていた。

1年物のドル調達コストも3年ぶり高水準で、クロス通貨ベー シススワップはEURIBORを98bp下回った。24日は93bp 下回る水準だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE