香港株(終了):下落-メルケル独首相のユーロ共同債拒否が売り材料

香港株式相場は下落。ハンセ ン指数の週間下落率は9月以来の大きさとなった。ドイツのメルケル 首相がユーロ共同債の発行と債務危機対応における欧州中央銀行(E CB)の役割拡大を拒否したことが売り材料となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。