中国株(終了):下落、上海総合指数は3週連続値下がり-銀行株安い

中国株式相場は下落。週間ベース では上海総合指数が3週連続の値下がりとなった。中国工商銀行の姜 建清会長は、中国人民銀行(中央銀行)が引き締め策を維持するとの 見方を示した。

中国工商銀行(601398 CH)は1.4%安と、銀行株の下げを主導。 同行の姜会長は、インフレ圧力が「非常に強い」ということは穏健(慎 重)な金融政策が維持されることを意味すると語った。万科企業 (000002 CH)を中心に不動産関連銘柄も安い。中国証券報は、国内不 動産開発上位10社の今年の土地購入は落ち込んでいると報じた。

酒類メーカーの貴州茅台酒(600519 CH)やセメントメーカーの安 徽海螺水泥(600585 CH)、産金会社の中金黄金(600489 CH)も売られ た。

華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は「現在行われている金 融政策の微調整では企業の資金繰り改善に不十分なため、実体経済や 資本市場では流動性が依然タイトとなっている」と指摘、「投資家にと っては企業業績もリスクであり、今年は悪化が予想される」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比17.33ポイント(0.7%)安の2380.22で終了。 この8営業日のうち下落は7日目で、先月24日以来の安値となった。 上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は前日比0.7%安の

2569.97で引けた。

--Zhang Shidong. Editors: Richard Frost, Darren Boey

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-3040 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE