国内市況:TOPIXは小反発、債券大幅安-ユーロ7週ぶり安値更新

東京株式相場は、TOPIXが小 反発。東証1部33業種では、直近の下げが目立っていた海運、鉄鋼、 証券などが買われた。TOPIX、日経平均株価がともに前日に2年 8カ月ぶりの安値を付ける中、投資指標面から見た割安さを見直す動 きもあった。

ただ、欧州債務危機拡大への懸念は根強く、買いの勢いは限定的。 水産・農林や食料品、小売といった直近堅調だった内需関連の一角が 安く、リターン・リバーサルの動きもうかがえた。TOPIXの終値 は前日比0.52ポイント(0.1%)高の706.60。日経平均株価は同5円 17銭(0.1%)安の8160円1銭と小幅に5日続落し、終値で連日の年 初来安値更新となった。

ブルームバーグのデータによれば、TOPIXの株価純資産倍率 (PBR)は0.85倍と、理論上の会社解散価値に当たる1倍を下回る。 欧米株のPBRは、米S&P500種株価指数が1.89倍、ストックス欧 州600指数は1.26倍だ。このほかテクニカル指標では、東証1部の上 昇、下落銘柄数の割合を示す騰落レシオが24日時点で78%と約3カ 月ぶり低水準にあり、売られ過ぎの水準を指す70に迫っている。

東証1部の業種別33指数は海運、保険、鉄鋼、証券・商品先物、 精密機器、電気・ガス、その他製品、輸送用機器、不動産など12業種 が上昇。半面、水産・農林、食料品、ゴム製品、卸売、小売、陸運な ど21業種が安い。

TOPIXが直近高値を付けた10月31日から前日までの東証業 種別33指数の騰落状況を見ると、全業種が下げ、TOPIXはマイナ ス7.6%。このうち海運が同25%、証券・商品先物が同22%、鉄鋼が 同16%と下落率上位に並び、水産・農林や食料品、小売の下げはTO PIXより小さかった。

個別では、SMBC日興証券が投資判断を「中立」から「アウト パフォーム」に引き上げたエルピーダが急伸。アドバンテストや東京 エレクトロンも上げ、半導体関連株は軒並み堅調だった。

東証1部の売買高は概算で15億395万株、売買代金は9018億円。 代金の1兆円割れは9営業日連続だ。値上がり銘柄数は564、値下が り922、国内新興市場は、ジャスダック指数が前日比0.7%安の45.64 と小幅続落、東証マザーズ指数は0.5%高の368.86と4日ぶりに反発。

債券は大幅安

債券相場は大幅安。長期金利は約1カ月ぶりの高水準を付けた。 米大手格付け会社が日本国債を格下げする可能性を示唆したことをき っかけに急落した前日の相場の地合いを引き継いで、売り優勢の展開 が続いた。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の318回債利回 りは0.5ベーシスポイント(bp)高い1.00%と約3週間ぶりに1%台 に乗せて開始。その後も徐々に水準を切り上げ、午後1時半前には

3.5bp高い1.03%と10月31日以来の高い水準を記録。その後は1.025 -1.03%で推移。

5年物の100回債利回りは3bp高い0.35%まで上昇。20年物の 131回債利回りは一時6.5bp高い1.795%と、新発20年債として9月 8日以来の水準を付けた。30年物の35回債利回りは5bp高い1.96% と10日以来の水準まで上昇した。

東京先物市場で12月物は4日続落。前日比21銭安い142円59 銭で取引を開始した。寄り値をこの日の高値として、その後は水準を 切り下げる展開。一時は67銭安い142円13銭まで下げて、日中で10 月31日以来の安値を記録した。日中売買高は4兆9045億円に急増し、 昨年12月9日(5.1兆円)以来の高水準となった。

前日の債券市場では、S&Pが日本国債格下げの可能性に言及し たことが売り材料となった。また、国際通貨基金(IMF)がウェブ サイトで公表した報告書によると、日本の国債利回りが「突然急上昇」 するリスクがあり、債務水準が維持不可能になる可能性があると指摘。

ユーロ7週ぶり安値更新

東京外国為替市場では、午後にユーロが一段安の展開となり、1 ユーロ=1.33ドル台を割り込んで、10月6日以来の安値を更新した。 ドイツのメルケル首相がユーロ圏共同債の発行について反対姿勢を示 したことで、欧州債務危機への対応が前進しないとの見方が広がった。

ユーロ・ドル相場は朝方に付けた1.3354ドルを上値にユーロがじ り安に展開し、午前に約7週間ぶりの安値を付けたあと、いったん下 げ渋る局面も見られたが、午後に入ると、下落幅を拡大。一時1.3299 ドルまで水準を切り下げた。

一方、ドル・円相場はユーロ安主導でドル買いが優勢となり、1 ドル=77円10銭を下値にドルが底堅く推移。一時は77円54銭と、 2営業日ぶりの水準までドル高・円安が進行し、午後3時41分現在は 77円41銭付近で取引されている。

メルケル独首相は24日、フランスのストラスブールでフランスの サルコジ大統領、イタリアのモンティ首相とともに記者会見し、ユー ロ共同債は「必要ではないし適切でもない」と言明した。

欧州債市場では、高債務国の国債からの避難先とされていたドイ ツ国債も売られ始めており、独10年債利回りは24日に2.19%と、10 月27日以来の水準に上昇している。

そうした中、主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所 (ICE)のドル・インデックスはこの日、一時79.29と、10月4日 以来の水準に上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE