日立化成:新神戸電を完全子会社化、産業用電池集約-360億円で

日立製作所の子会社である日立化 成工業は25日、株式公開買い付け(TOB)により新神戸電機を完全 子会社化すると発表した。日立は合わせて、発電施設向けなどの産業用 電池事業を、来年1月に社内分社から新神戸電機に集約する事業再編も 発表した。

TOB総額は360億円を予定し、期間は12月1日から来年1月19 日まで。TOB価格は1710円と、新神戸電機株の25日終値に41%上 乗せした水準となっている。同社への日立化成の現出資比率は58%。

日立の再編は、グループの電池事業運営を用途別に集約する内容。 産業用のほか、自動車向けは日立ビークルエナジー、民生向けは日立マ クセルエナジーへとそれぞれ集約し、役割分担を明確化する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE