海外勢が3週連続売り、信託銀買いは9月来高水準-11月3週日本株

11月第3週(14-18日)の日本 株市場では、欧州情勢の不透明感から海外投資家が3週連続で売り越 す一方、東証1部の時価総額が2009年3月以来の250兆円割れとなる 中、年金資金や企業の自社株買い動向などを反映しているとみられる 信託銀行の買越額は9月2週以来、約2カ月ぶりの高水準に膨らんだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。