欧州危機で一段と市場変動も、日銀と連携し警戒-政府検討チーム

政府は25日、景気対応検討チー ムの会合を開き、経済の現状を踏まえ、これまで実施してきた円高対 策の進ちょく状況を点検した。内閣府が公表した会合資料では、今後 のリスク要因として欧州の債務危機を挙げ、危機が拡大した場合、「金 融・資本市場が一段と変動する可能性がある」とし、政府・日銀が「警 戒感を共有し、緊密に連携する」と述べている。

このほかのリスク要因では、円高や海外景気の下振れに伴う輸出 減少、タイの洪水被害による日系企業の収益圧迫などを挙げた。また、 為替市場に関しては「過度な変動は、経済・金融の安定に悪影響を及 ぼす」とし、「引き続き、市場を注視し、適切に対応する」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE