欧州危機で一段と市場変動も、日銀と連携し警戒-政府検討チーム

政府は25日、景気対応検討チー ムの会合を開き、経済の現状を踏まえ、これまで実施してきた円高対 策の進ちょく状況を点検した。内閣府が公表した会合資料では、今後 のリスク要因として欧州の債務危機を挙げ、危機が拡大した場合、「金 融・資本市場が一段と変動する可能性がある」とし、政府・日銀が「警 戒感を共有し、緊密に連携する」と述べている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。