エルピーダ株価400円台回復、SMBC日興証が市況回復で「買い」に

エルピーダメモリの株価が3営業 日連続で上昇。一時は前日比45円(13%)高の400円と、ほぼ2週間 ぶりに400円台を回復した。DRAM市況回復を背景にSMBC日興証 券は24日付で投資評価を、中立を示す「2」から、買いを示す「1」 へと引き上げている。午前終値は同23円(6.5%)高の378円。

SMBC日興証の嶋田幸彦アナリストは格上げのリポートで、タイ 洪水でのハードディスクドライブ(HDD)工場被災に伴うPC生産減 少懸念でDRAM価格は低下してきたものの、「HDD関連業界の迅速 な対応もあり、特に主要パソコン企業の生産はほとんど落ち込まない可 能性が高い」との認識を示した。その上でPC生産減の懸念緩和により 「DRAMのスポット価格が反発に転じる公算大」とコメントした。

現在主流のDDR3と呼ばれるDRAM(処理能力2ギガビット、 ギガは10億)のスポット価格は21日の0.70ドルまで下落したが、そ の後は小幅ながら反転。24日は0.73ドルとなっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE