投資家の金保有量:過去最高に増加-トレーダー、強気姿勢を強める

欧州の債務危機悪化を背景に資産 保全を目指す動きが加速し、投資家による金保有量が過去最高水準に 達した。これを受け、金トレーダーは相場への強気姿勢を強めている。 金相場は今年に入って商品市場で2番目に高い上昇率を示している。

ブルームバーグが26人を対象に実施した調査では18人が金相場 は来週上昇するとの見通しを示した。ブルームバーグが集計したデー タによると、金に裏付けされた上場取引型金融商品(ETP)を通じ た金保有量は、23日時点で2350.8トンとなり、過去最高水準に達し た。米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、ヘッジフ ァンドなど投機家による金相場上昇を見込む買い越しは4週連続で増 加し、3月以降で最長となっている。

世界の経済成長鈍化への懸念が広がる中、世界の株式市場では5 月以降、約12兆ドル(約930兆円)の時価総額が吹き飛び、安全性が 高いとみられている金への投資が拡大している。スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)のGSCI指数を構成する24銘柄のうち金の 上昇率はガスオイルを除く全ての商品を上回っている。

フェアファックスIS(ロンドン)のアナリスト、キャロル・フ ァーガソン氏は「市場関係者がなお懸念を持っていることは間違いな い」と指摘。「市場は絶えず入ってくる悪いニュースに直面している。 金は依然として市場関係者が注目すると予想される資産だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE