ワイン「オー・ブリオン」1945年、競売へ-中国高級品需要の試金石に

1945年物のボルドー産ワインや 中国明朝の花瓶、計35カラットのダイヤモンドが香港で6日間にわ たって開かれるオークションに出品される。このオークションは、株 価と不動産価格の下落や景況感の悪化によって中国の高級品需要がど の程度打撃を受けているかの試金石となりそうだ。

クリスティーズ・インターナショナルは、3600点以上が出品さ れるこのオークションの売り上げが最高で総額26億香港ドル(約 260億円)に達すると推計している。同社が香港で5月に開いた春の オークションの売り上げは36億5000万香港ドルと、過去最高を記 録。この時、香港株式市場のハンセン指数はそれまでの1年間で 19%上昇していた。今月24日までの1年間では22%下落している。

オークションの幕開けを飾るワイン競売には、ロンドンのキャビ ネットメーカー、リンリー製の特注の木製キャビネット入りボルドー 産ワイン14本などが出品される。このワインは「シャトー・オー・ ブリオン」のセラーから直接出品され、落札額は最高200万香港ド ルと予想されている。

香港を拠点とするコレクター、ポール・ダン氏は「来歴に関して 言えば、このワインは間違いなく6つ星だ。1945年物のワインの現 存数はわずかで、これはそのうちの1本となる」と指摘。「ただ、私 は価格については分からない。景気が停滞している局面では未知の要 素が多い」と述べた。

中国のコレクターによる世界の最高級品の一部に対する需要は、 これまでのところ、欧州の債務危機と米中景気鈍化の兆しで加速する 経済面での混乱という逆風に耐えている。クリスティーズと競合する サザビーズは10月に香港で開いた同様のオークションで32億香港 ドルを売り上げた。

ワイン競売会社アッカー・メレル・アンド・コンディット(ニュ ーヨーク)が今月、香港で開催したオークションの売り上げは、ワイ ン競売としては今年に入って最高の1450万米ドル(約11億2000 万円)に上った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE