インド、外資に小売業の51%まで出資許可-ウォルマート参入も可能に

インドは、外資系企業に対し、 複数ブランドの商品を販売する小売チェーンに51%まで出資すること を許可した。これにより、ウォルマートやテスコなどの国際的な小売 企業が、インドで店舗を展開できるようになる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。