Jパワー:磯子火力発電所で火災、運転を停止-午後に鎮火確認

電力卸を主力とするJパワーの磯子 火力発電所(横浜市磯子区)で昨夜発生した火災は、約17時間後のきょ う午後鎮火した。火災の影響で同発電所は未明に運転を停止した。

横浜市消防局・磯子消防署の平山茂副所長によると、消防車約40台 やヘリコプター2基などによる消火活動の結果、午後3時38分に鎮火が 確認されたという。Jパワーの発表では、24日午後10時5分頃に発生し た火災はその後、石炭粉砕設備や貯蔵設備上部に延焼。貯蔵設備からの 燃料供給ができなくなったため、2基(出力は各60万キロワット)ある 発電機が運転を停止した。

Jパワー広報担当の吉田哲也氏は、「発電機やボイラーなどに延焼 はしていないものの、発電所の運転再開時期は未定」と話した。全部で 4カ所ある貯蔵設備のうちいくつが被災したかについては、現時点では 確認できていないとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE