ユーロ1.33ドル割り込み7週ぶり安値更新、欧州債務危機の深刻化懸念

東京外国為替市場では、午後に ユーロが一段安の展開となり、1ユーロ=1.33ドル台を割り込んで、 10月6日以来の安値を更新した。ドイツのメルケル首相がユーロ圏共 同債の発行について反対姿勢を示したことで、欧州債務危機への対応が 前進しないとの見方が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。