米シティ、SECとの和解金増額を迫られる可能性も-法律専門家

米銀シティグループは先月、米 住宅市場に関連した債務担保証券(CDO)をめぐり米証券取引委員 会(SEC)から提訴された問題で和解金2億8500万ドル(約220 億円)を支払うことで合意した。ただ、合意の公正さを判事に納得さ せるためには、それ以上の金額を支払う必要があるかもしれないと法 律専門家はみている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。