パラモECB理事:ユーロ共同債は将来存在するだろうが、当面ない

欧州中央銀行(ECB)のゴンサレ スパラモ理事は24日、ユーロ共同債はユーロ圏の現在の発展状況では適 切ではないが、将来は存在することになろうとの見解を明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。