ギリシャのパパデモス首相、サマラス党首の書簡に満足-トビマ紙

ギリシャのパパデモス首相は24 日の閣議で、議会第二党である新民主主義党(ND)のサマラス党首 が暫定政権と経済改革プログラムへの支持を表明した書簡の内容に満 足していると語った。同国紙トビマが情報源を明らかにせずに報じた。

サマラス党首は23日、欧州連合(EU)の行政執行機関である欧 州委員会と欧州中央銀行(ECB)、国際通貨基金(IMF)のいわゆ るトロイカの当局者に書簡を送った。トロイカは80億ユーロ(約8200 億円)のギリシャ向け融資実行の条件として誓約を求めていた。

同紙によると、ギリシャのベニゼロス財務相は閣議で、トロイカ 代表団との協議を12月12日に開始すると説明したという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子 Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Antonis Galanopoulos at +44-20-7330-7500 or agalanopoulo@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Tom Stoukas at +30-210-741-9072 or astoukas@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE