ECB:資金供給オペ期間の延長検討、最長3年も-ロイター通信

欧州中央銀行(ECB)は、ユー ロ圏の危機が信用収縮を引き起こすのを回避するため、現在最長1年 の資金供給オペ期間を2年ないし3年に延長することを検討している。 ロイター通信が24日、事情に詳しい複数の関係者の話として報じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。