11月24日の欧州マーケットサマリー:株下落、独首相が共同債反対

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3338 1.3342 ドル/円 77.09 77.31 ユーロ/円 102.83 103.15

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 219.98 -.33 -.1% 英FT100 5,127.57 -12.21 -.2% 独DAX 5,428.11 -29.66 -.5% 仏CAC40 2,822.25 -.18 .0%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 .47% +.03 独国債10年物 2.19% +.05 英国債10年物 2.16% +.02

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,692.50 +11.50 +.68% 原油 北海ブレント 107.74 +.72 +.67%

◎欧州株式市場

24日の欧州株式相場は下落。ドイツのIfo経済研究所が同日 発表した11月の独企業景況感指数が予想に反して上昇したものの、 メルケル独首相がユーロ共同債の発行に引き続き反対姿勢を示したこ とが売り材料となった。

スイスの製薬会社ノバルティスやロシュ・ホールディングを中心 にヘルスケア関連銘柄が安い。一方、フランス・ベルギー系金融機関 デクシアは大幅高。両国政府が数日以内に同行向け保証で合意すると の見通しを仏当局者が明らかにした。

ストックス欧州600指数は前日比0.2%安の219.98で終了。 前日までの5営業日で7.1%下げていた。イタリアやスペイン、フ ランスの国債利回りが上昇し、債務危機封じ込めに欧州首脳らが苦戦 しているとの懸念が強まった。

アセナゴン(ミュンヘン)のチーフエコノミスト、マーティン・ ヒューフナー氏は「市場は『ノー』という答えに反応している」と指 摘。「向こう数カ月で株式相場は悪化し、何らかの手立てを講じなく てはならない水準に達するだろう」と予想した。

ストックス欧州600指数は、メルケル独首相がユーロ共同債に 断固反対の姿勢を示すと下げた。同首相は「私の立場に変わりはない」 と、フランスのストラスブールでの記者会見で語った。同会見にはフ ランスのサルコジ大統領とイタリアのモンティ首相も臨んだ。

同日発表の11月の独Ifo企業景況感指数は106.6と、前月 の106.4から上昇した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト 40人の調査中央値では105.2への低下が予想されていた。

この日の西欧市場では、18カ国中13カ国で主要株価指数が下 落。ノバルティスは1.7%安の47.80スイス・フラン。ロシュは

1.3%下げ134.70フラン。ヘルスケア株指数は1.4%値下がりし、 ストックス欧州600指数を構成する業種別指数で最悪のパフォーマ ンスだった。デクシアは28%高の0.344ユーロで取引を終えた。

◎欧州債券市場

24日の欧州債相場ではイタリア国債が下落したほか、ベルギー 国債の利回りは11年ぶり高水準に達した。高債務国の借り入れコス ト引き下げにつながる可能性のあるユーロ共同債構想を、ドイツのメ ルケル首相が排除したことが響いた。

ポルトガル10年債も下げた。格付け会社フィッチ・レーティン グスがポルトガルの債務増加と景気減速を理由に、同国の格付けをジ ャンク級(投機的格付け)に引き下げたことが手掛かり。

ドイツ国債は続落。メルケル首相はこの日、ユーロ共同債につい て「必要もなく適切でない」と述べたほか、債務危機への対応として 欧州中央銀行(ECB)の役割拡大を否定した。日本の財務省のデー タによると、国内投資家がドイツ国債を売却し、英国債を購入してい ることが示された。

ロイズ・バンク・コーポレート・マーケッツ(ロンドン)の債券 ストラテジスト、アキレアス・ゲオルゴロプロス氏は「短期的にはE CBの役割拡大、長期的には共同債への危機解決策としての期待が市 場にはあったが、これら2つの構想がこの日にいずれも拒否された」 とし、「こうしたことから周辺国の国債利回りが上昇した。薄商いで 値動きが増幅した」と続けた。

ロンドン時間午後4時39分現在、伊10年債利回りは前日比 16ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の7.12%。 ベルギー国債は4日続落。10年債利回りは26bp上げ5.74%と、 2000年9月以来の高水準となった。

独10年債(表面利率2%、2022年1月償還)の利回りは4b p上げ2.19%、価格は0.340下げ98.33となった。独2年債利 回りは4bp上昇し0.48%。

ラホイ次期首相

スペイン10年債は4日ぶりに上昇し、利回りは2bp低下の

6.63%。ラホイ次期首相が利回り引き下げを目的にECBに国債購 入拡大を要求すると、同国紙ムンドが報じたことがきっかけ。

◎英国債市場

24日の英国債市場では10年債相場が下落し、利回りは前日比2 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.16%となった。

10年債利回りは23日には2.104%まで下げ、ブルームバーグ がデータ集計を開始した1992年以来の最低を付けていた。同国債 (表面利率3.75%、2021年9月償還)価格はこの日、0.165下げ

113.955。一方、ドイツ10年債利回りは2.19%と、前日から5b p上昇した。

モルガン・スタンレーの債券ストラテジスト、アンソニー・オブラ イエン氏(ロンドン在勤)は、「イングランド銀行(英中央銀行)が引 き続き市場介入している。買い手がまだいることから、英国債は恐らく ドイツ国債を上回るパフォーマンスとなるだろう」と述べた上で、「ド イツ国債に関しては現在、買い手よりも売り手の方が多い」と指摘した。

日本の財務省のデータによると、日本人投資家による1月から9 月末までの英国債の購入は1兆5300億円に達し、このままなら年間 ベースで2008年以来最大になる見通し。一方、ドイツ国債は約1兆 4600億円が売却された。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS)が まとめた指数によると、英国債の年初来のリターン(投資収益率)はプ ラス16%。これに対しドイツ国債はプラス7.2%、米国債はプラス

9.8%となっている。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net

Editor:Keiko Kambara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE