ハンガリーの格下げ検討を継続、IMF支援要請で-S&P

格付け会社スタンダード・ア ンド・プアーズ(S&P)は24日、ハンガリーの格付けについて、 格下げ方向で見直す「ウォッチネガティブ」で維持した。ハンガリー 政府が国際通貨基金(IMF)に支援を要請したことを受け、当初予 定していた1カ月よりも長く維持することを決めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。