ウッドフォード氏:社長復帰は株主次第-菊川氏ら不在の役員会出席へ

来日中のオリンパス元社長のマイ ケル・ ウッドフォード氏は24日夜、英誌「エコノミスト」主催のイベ ントで、自身のトップへの復帰の可否は株主次第だと強調した。一方で 同社は、損失隠しの責任者である菊川剛・前会長兼社長ら3人が役員も 辞任したと発表。ウッドフォード氏は25日に、自身を解職した形の3 人が不在の取締役会に出席することになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。