中国人民元:下落、一時1カ月ぶり安値-当局は成長重視との見方で

中国人民元は24日、ドルに対し て下落。中国人民銀行(中央銀行)が農村部の一部銀行を対象に預金 準備率を引き下げたことで、インフレ抑制よりも経済成長の維持を政 策当局は重視しているとの見方が強まる中、一時1カ月ぶりの安値を 付けた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上 海市場で0.14%安の1ドル=6.3680元。一時は6.3731元と、先月24 日以来の安値を付けた。香港のオフショア市場で、元は0.08%安の

6.3925元。

ブルームバーグが集計したデータによれば、人民元の1年物ノン デリバラブル・フォワード(NDF)は0.16%安の1ドル=6.3905 元。これは上海スポット取引を0.4%下回る水準。5営業日連続の値 下がりで、この11週間で最長の下落局面となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE