台湾:7-9月は09年来の低成長-今年と来年の見通し引き下げ(1)

台湾当局は今年と来年の経済 成長率見通しを引き下げた。2011年7-9月(第3四半期)が09 年以来の低成長となり、世界的な景気回復の足踏みがアジアを脅かし ているとの懸念を浮き彫りにした。

台湾行政院主計処(統計局などに相当)が24日発表した7-9 月期の域内総生産(GDP)改定値は、前年同期比3.42%増となっ た。10月31日公表の速報値(3.37%増)からは上方修正となる。 4-6月(第2四半期)成長率は4.52%に改定された。

11年の成長率見通しは4.51%(従来予想4.56%)、12年に ついては4.19%(同4.38%)に引き下げられた。今年のインフレ 率見通しも1.37%と、これまでの1.51%から下方修正された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE